個別指導で学習能力をアップ|医学部受験に備えよう

入試対策方法を考える

学生

まずは日程を知ることから

私立大学の入試日程は、どの大学を受験したいかによって大きく異なってきます。私立大学に合格するためにはまず、推薦入試であるか否かで多少スケジュールが変わってきます。推薦入試は早いうちに入試日程が組まれていますので、勉強を始めるのも早いうちが良いでしょう。推薦であれば試験も少なくなっており、ある程度成績や面接などが重視されることにはなっていますが、試験勉強をしておいた方が良いのは間違いありません。私立大学に合格するためにはまず、入試日程までに自分で勉強のスケジュールを組んでおく必要があります。国公立の大学とは入試の日程も違いますので、自分が受けたい学校の入試日程を調べておくことが大事です。昨年の日程などを知っておけば、今年どうなるかも推測しやすくなるでしょう。私立大学は偏差値も学校ごとに大きく異なるため、簡単な学校を目指すか難しい学校を目指すかによって勉強時間も違ってきます。難関の学校を目指している場合には塾などに通ったり、学校で学べること以外にも応用の学習が必要なケースがあります。特に長期休暇などは有効に利用することが大切であり、夏季休暇などを勉強の時間にあてておくことも効果的です。入試では理数系がメインになることが多いので、専門的に学んでおいても良いでしょう。数学や英語などが苦手な場合にはその教科に限定して塾などを利用して勉強することも、良い方法になります。まずは勉強方法から考えていきましょう。